夫の鬱 休職から1年。今思うこと

 

「会社を辞めたい」

と、夫からのSOSを受けたのがちょうど1年前。

昨年はほんと、しんどかった。

 

夫 -7㎏
ワタシ -3㎏

と、1か月の心理的ダイエットは、効果てきめん。

でも、鬱の診断書を手にでき
休職に持ち込めたことは、幸いだった。

あのとき、オットが会社を辞めていたら…。

休職を選ばず、退職していたら
きっと今頃、心理的ダイエット第二弾を続行中だったろう。

そして、私もフルタイム勤務を余儀なくされ、
疲れからイライラがつのり、夫婦仲も最悪になったかもしれない。

とにかく、働く場所がキープできているということは
休職中も、心の支えになる。

そのうえで、新たな職場を探すこともできるわけだし。

我が家の場合は、会社を辞めずに
復職する条件を会社につきつけた。

「ブラック企業」「過労働」が社会問題になりつつある時流が
強気な行動に出られた、一番の要因かもしれない。

さらに
「辞めてもいい」
と思っているからできた行動だろう。

ある意味、賭けに出たわけだけど
このカケには、勝利し、条件をすべてのませての復職となった。

 

今は、休職中に会員となったスポーツクラブへも継続して行っている。
体重も思わぬダイエット効果で、メタボ脱却!
過度な残業もなくなった。

全てがよい方向へ向かっているように見える。

ただ、オットがいつ会社を辞めてもいいように、退職貯蓄をしようと思っていたのだが、
子どもの学費に消えて、これは実現できていない。…反省。

 

夫の休職。
本人も家族も、大変だけど
神様が与えてくれる休息かもしれない。

 

…と、今は思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です