貯蓄の棚卸をしてみる

ワタシの悪いところは、興味のあるコトはとことん調べ、考えるけど、それが持続しないこと。

興味の対象が、すぐに移り変わる。

たとえば、投資信託や株式は30代のころ最も興味があったことのひとつ。

この頃、いくつか投資をスタートさせ、株の売買をしたが。

 

マイブームが去り

投資は散らかったまま。

 

現在は口座管理もおざなりになり、投資系はすべてをオットに一任。

完全にリタイア中。

 

しかし、我が家の家計は、そのあともワタシが握っている。

でもって、ボーナスなどまとまったお金が入ると、その時点で金利のよさそうな銀行へ預け入れていた。

 

つまり、どんぶり勘定に加え、無計画。

 

となると、いま、どこに、いくらあるか、把握できていない状態。

これは、マズい。

しかしながら、なかなか手をつけられず。

だけど、早期退職を目指すなら、ここを確認しない限りは、先にすすまない。

 

意を決して、Excelに書き出しながらチェックしてみる。

 

と。思ったより金融資産があった(笑)

 

で、具体的な金額を見ると、欲がでる。

目標をランクアップさせ

オットの退職までもう一桁上を目指したい。

 

しかし、貯蓄に関するおハナシの多くは

50代はリスクは取れないっていってるけど。

ザックリ今ある金融資産を、60代に使うお金、70代に使うお金、80代に使うお金、90代に使うお金、それと家にかかるお金、予備費と6つにわけてみる。

すると、80代、90代に使うお金は

今から30年ぐらいあるわけだから

ココはリスクとれるんじゃないかなぁ。って思うわけで。

 

先週末オットとザックリ資産運用について話たけど。

さらに、もう少し、方向性をすり合わせておきたい。

 

金融資産の数字が具体化したら

俄然、やるべきことが見えてきた。

 

…って、ココはみんなフツー把握しているとこだよな。

 

我が家がズボラすぎる、って…。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です