サイテーな上司たち

離職率が高い職場は、往々にし、問題のある上司が鎮座していることが多い。

 

1年もたたないうちに、新人がトップ3に駆け上がってしまうような、そんな今の職場もとてつもなく離職率が高い。

毎月のように、人がいなくなり

毎月誰かがやめるのが、当たり前のような空気感。

その流れに侵されていくワタシ。

毎月配られるシフト表に名前が消えた人がいても、驚かなくなった。

 

この職場の上司と位置づけられた人たち。

ヒドイ逸話は事欠かない。

 

昨日も、上司に代われというクレーム電話を相談しにきた新人ちゃんに、当の上司は声をひそめて、

「ボク、担当じゃないんだよね。担当ココだから」と電話番号を教えてる。

 

えっ?クレーム担当窓口なんて、ありましたっけ???と耳をそばだてていると

 

「これはどこの電話番号ですか」と聞く新人ちゃんに、さらに声をひそめた上司は、もう一人の上司の名前を告げた!

 

つまり、その場にいない、もう一人の上司の携帯番号をクレーム客に言えと指示したわけで。

 

上司同士の仲がうまくいっていないのは、ありあり。

そのしわ寄せは、ホント困る。

上司ごとに指示が違うし、一方の指示に従ったのに、怒られる。

 

おまけに上司は気分屋だし。

 

そんなサイテーな上司の吹き溜まりを見て、思うのは

出来ないヤツがココには残ってる。ってこと。

 

ちょっと賢い人、優秀な人は、さっさと辞めていくわけね。

 

つまり、行き場のない、どーしようもない上司が、こーゆー職場には溜まっちゃう。

悪循環だよなぁ。

やっぱ、大手がいいのかなぁ。

 

仕事内容は悪くはないんだけど。人間関係って、大事。

とくに尊敬のカケラも見当たらない上司がいる職場は最悪。

 

さっさとやめるが正解かな。

ワタシも先日受けたところに、転職しよっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です