フリーライターに目覚める

オットの早期退職後の最大の問題は

「お金」。

 

それを間近な問題としてとらえていなかった私は

「社会保険に加入できる」

という理由で、フリーランスじゃなく、勤務一択で、週2日の勤務を選んだわけだけと。

 

しっかり調べてみると、一番ほしい「健康保険」は1か月の所定労働日数が一般社員の4分の3以上ないと加入できない、ということに今更気づいた。

 

週20時間以上じゃ、ないんだ…。

 

だったら、わざわざ出かけて仕事するより、フリーランスで仕事したほうが稼げる。

そんなコトに今頃気づき

タイミングよく、プロライターの募集を見つけ、応募。

 

好きじゃないことを、自由に書けないから、雇われライターは嫌だったんだけど

背に腹は代えられない。

 

最低金額で受けたとしても、1本>1日勤務。つまり月20本書けば生活できるな。

 

…と、目途はついた。

 

目途がついたら、心がふッと軽くなった。

あとは、自由じゃない内容で、20本書くやる気のみ(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です