子供の独立。想像以上にポッカリ感が。これが老後の始まりなのか

子供に転勤辞令。

一人暮らしが必至となり、家を出て行った。

 

それまでも、子供の帰宅時間には就寝していたし

朝、ちょこっと顔を合わせる程度で

実質、夫婦2人の生活と変わらないじゃん!と思っていた。

 

が。

 

「いる」のと「いない」のとでは大違い。

何が?って?

 

私のココロ。

なんだか、本当にポッカリ空いちゃって、

ダンナとのやり取りを、少し大げさに、明るくふるまっているジブンがいる。

 

これが「老後」への始まりなんだな。

 

準備するお米の量も

洗う洗濯物の量も

洗面台、トイレの汚れ具合も

すっかり少なくなってしまって。

 

「新婚当時といっしょじゃないか」

と自分に言い聞かせても、どこか違うんだよなぁ。

 

送り出すときに

「いつでも戻ってきていいんだよ」と言おうか迷った挙句、飲み込んだ。

 

だって、パラサイトな子供たちの問題記事が氾濫しているし

ずっとお抱えできるほど、経済力あるわけじゃない。

 

だけど、心の中では思っているよ。

ここは、いつまでもあなたの我が家。

いつまでたっても、ワタシは母親だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です