早期退職の最大の敵「恐怖心」との折り合いの付け方。仮退職日決定

会社をやめたくて仕方ない人に

頑張って、働き続けてもらうのって

すべて「お金」のため。

 

どうにかココから解放されたい!

とあれこれ思いを巡らせていたわけだけど。

 

「お金じゃない」

と、意外なことに、ハッとする。

 

退職できない金縛りの最大の敵は「恐怖心」。

 

お金が無くなるかもしれない、という恐怖心。

年金が少なくなっちゃうかもしれない、という恐怖心。

退職したら新たな就職先は見つからないかもしれない、という恐怖心。

貧乏になっちゃうかも、という恐怖心。

 

これを一つずつ、クリアにしていく作業を遅々として行っていく中で、

「解決」はしないけれど

自分の中で「折り合い」をつける

ということは、徐々にできるようになってきた。

 

1、お金が無くなるかもしれない、という恐怖心 ⇒ 貯蓄を減らさないよう努力する

貯蓄が減りそうな最大の要因は子どもの学費。これをのぞけは、どうにか暮らしていけそう。だったら、子供の学費のめどをつければいい

2、年金が少なくなっちゃうかもしれない、という恐怖心 ⇒ 退職してから、社会保険に加入できる週20時間のバイトをさがせばいい

これは職が見つからないかも、という不安定材料はあるものの、世の中は好景気。東京オリンピック前だったら、どうにかなるんじゃないか、という楽観的予測。

3、退職したら新たな就職先は見つからないかもしれない、という恐怖心 ⇒ ネットでできる仕事を確保

イマドキはネットで仕事できる。失業保険をもらっているうちに少しはそのスキル、身につけられる、かな。

4、貧乏になっちゃうかも、という恐怖心 ⇒ 年金をもらうまでの約10年しのげばいいこと。

幸か不幸か、我が家は姉さん女房。私のほうが年上なので、早く年金がもらえる。少しだけど、62歳から老齢年金が、出る。5年後には微々たる金額が、さらに8年後には妻分の年金が支給開始となる。

それころには、HPもページ数も増加し、アドセンスもさらに上をいっていることだろう。

だったら、HP作業を頑張れば、いいじゃん!

 

というふうに。

何一つ解決にはなっていないけれど、折り合いは付けられる。

 

で、退職日は学費のめどがつく2019年6月かなぁ。

有給消化で、勤務は2019年3末まで。

 

あと1年ちょっと。がんばれるかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です