老後のお金を「袋分け形式」にしてみる

オットの退職カウントダウンがはじまり、一番の懸念材料である「お金」について

無い知恵を絞りながら、工夫ちう。

 

我が家の財布は私が握り

投資部門はオットが受け持っている。

 

しかし、ワタシも投資は好きなほうで

気を抜くと、すぐに投資にお金を回してしまう悪い癖。

 

そこで、もう、流用できないように

しかも、納得できる形で

定期預金に格納することに。

 

それが、宝くじ付き定期預金。

1口はもうすでに預けてあり、体験済みの預金。

 

宝くじを購入している我が家としては、悪くない選択肢。

ココに、300万円を1口(1袋)として、これを老後の5年分の資金とする。

 

預金保護される1000万円以下で考えると、1人900万円×2。

90歳から使う300万円×2袋

80歳から使う300万円×2袋

70歳から使う300万円×2袋

こうやって、家計費の袋分けみたいにしておけば、流用することもないかな。

月々5万円は使えるお金がプールできる。

 

あと600万円をどこからか捻出して60歳から使う300万円×2袋を作ることと

医療費として、1000万円はキープしておきたい。いずれも元本保証の定期預金で。

 

これだけキープできれば、とりあえず安心かな。

 

生活費とか医療費とか住宅費とかに分ける方法もあるけど。

その年代になったら、今と使いたい目的が異なるかもしれない。

それに、車の買い替えとか、家のリフォームは、やりたいけど、投資結果とご相談。やらなくても生死にはかかわらないコトだし。

 

だったら、利用目的じゃなく、単純に年代で区分けしちゃえ!って、ね。

 

 

ということで、只今、お金の大移動中。

 

しかし。

キャッシュカードさえ見つからない預金があるズボラの、資金整理整頓はいつ目途がつくのかなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です