反応が遅い!薄い!…は?、なダンナ。会話のキャッチボールは練習しないとできないかもね

つきあい始めたころ、彼のテンポにとまどったことを、ふと思い出した。

「これ、似合うかな」

「…」

「…」

「…」

この間に耐えきれず、ひとりでしゃべりまくるということをしていたな(笑)。

 

私の話をいい加減に聞いていたわけでもなく、無視していたわけでもなく、口をつぐんでいたわけでもなく。

 

今ならわかるけど、彼の脳内では、口にする言葉に対して

「課長決済」

「部長決済」

「役員決済」

が、きっと行われていた…、と思えるんだよね。

 

かれは一人っ子で、しかも鍵っ子。

親元を離れてからも1人暮らしで、友人との関係も、聞き役。

 

つまり。

話すってことの訓練が、育まれていなかった、って思える。

 

一方私は、「機関銃のようにしゃべる」と揶揄されたこともあるオトメ。

こんな2人のテンポがあうわけないっ!(笑)

 

会話のテンポいいキャッチボールって、きっと訓練しないと、できない人もいる…かも。

 

そんな彼が、長年の夫婦生活の中で編み出した対処方法「顔芸」。

驚いた顔、フン!とした顔、ニッコリ顔…。

私の投げた会話ボールを、とりあえず顔芸で打ち返し、コトバの脳内決済時間を稼ぐ、というワザ。

 

 

フウフって、不思議だね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です