担当者が編集長に。そして仕事が増えた

クライアントの担当者が編集長に格上げとなった。

「長」とつくからには、権限も持つようになったのかな?

 

その企業の内側は全くわからないけれど

名刺の肩書が変わったとたん

新たな仕事の打診が。

 

仕事が増える=収入増

そりゃ、嬉しいんだけど。

 

どこかのサイトで、ラィティングの仕事は下調べが90%で、調べた9割を捨てて書くこと。

ってあったけど、まさに、ソレ。

 

ぐーたらに慣れているワタシに、できるかな?

 

だけど、仕事を振られたということは、

少なからず信頼してくれているんだな、と思えて

その期待に応えたい気持ちのまま

「YES」

と言ってしまった。

 

川に流されているよう。

自分の意思は、最初に入水したときだけ。

 

でも流されてみると

自分じゃ決して行かない場所にたどり着ける。

 

そうだ。

ワクワクしてみよう…。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です