ライターって、不足しているの?

フリーでライター業をぼちぼちやってるんですが

同じことばかり書いていると

隣の芝生が妙に輝いて見えて。

 

「ライター募集」

なんて文字に飛びついてみたりしてました。

 

あ~こんなのも、書いてみたいなぁ~

 

なんて、募集要項見ながら思いをはせて

ポッチっと応募してみるのですが。

 

おかしなことに、通過率が良すぎるんです。

必ずといっていいほど、編集部から返信がきて。

 

不気味です。

ワタシごときに、なぜ?

 

ネームバリューある企業なので、

当たって砕けろ精神で応募するんですが、

するっと通り抜けられちゃうと、疑念しか…。

 

仕事が現実化すると

応募したくせして

「あ~めんどくせ~」

なんて、ちょっぴり思ったり。

 

はっきり言って、私、書くのニガテです。たぶん…。

サクサクっと書けずに

ラフ書いて寝かせて

書き直して

仕上げて

って、結構、どんくさいです。

 

「○○書いてもらえますか~」

ってくると、まず頭に浮かぶのが

「どうやって、断る?」

 

だったら応募するなよっ!なんですけど、ね。

なんか、チャレンジしてみたくなっちゃうんですよね。

 

来月、また新たな出版社と顔合わせです。

いつも思うんですが、原稿料とか詳細の条件って

事前にくれないんですよね。

行ってみて、はじめてわかる。

 

会ってみて、値踏みされてるんですかね。

コイツだったら、これぐらい払っときゃ、いいだろ、みたいな。

 

もし、あなたがライターやっているのなら

クラウドより

大手出版社に直にあたってみると

意外とすんなり滑り込めたりするかもですよ。

 

ライターって、実は不足しているんじゃないかな、ってひそかに感じてますもん。

 

 

 

 

 

 

 

ライターって、不足しているの?” に対して1件のコメントがあります。

  1. こばみち より:

    こんにちは、ランキングから来ました。
    隣は気になってしまいますよね。
    隣を気にしながら良いところを探せば良いのですかね。

こばみち にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です