オットの早期退職計画「アーリーリタイアを目指して」